最新映画の紹介ではありませんので、過去記事へのコメント、関連記事のトラックバック、リンク大歓迎です

~ 憶えてない? それでも俺は観たんだ!! ~
ムゥビィパンフ 90's !!
スポンサーサイト
-----------   CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
No.44 ディープ・インパクト
2007-06-26-Tue   CATEGORY: パンフ(パニック)
「ディープ・インパクト」
1998年(アメリカ)
ディープインパクトのパンフ

一行あらすじ:
隕石が落ちて大津波が世界を襲う話


パンフ見て思ったこと:
おー、これかこれか、と。
これは私が引っ越した後にその駅前にできた映画館で観たものです。
かなりローカルネタになります。
半年前から事前調査してやっと見つけたアパート。
諸事情により出て行ったが、その後に映画館ができたと聞いて、もう残念で・・・

憶えている?: ★★★★☆
憶えている、憶えている。
どんな映画館が出来たのかと思って嫌がる妻(当時彼女)を無理矢理連れてビブレへ。
小田急嫌いって言われながら、なだめながら。

面白かった?: ★★☆☆☆
と、色々書く割にはあんまり憶えてない。
どうしても、「ID4」「アルマゲドン」とカブる
宇宙からなんか来て、地球がヤバくて。
後はそれが宇宙船なのか、波なのか石なのか違うだけなんだよね。
ただ、波は迫力があった。こういうのは流石というか。

このパンフレット、どう?: ★★☆☆☆
んー、やっぱり、「ID4」と似てる。
中身もやっぱり書かれている。このキーワード。
見開きのページがあったりして、ま、そのあたりは違いを見せつけられたね。
・・・というほどでもないリップサービス。

もう1回観たい?: ★★★★☆
意外に観たい。「ID4」「アルマゲドン」結構やってるのに
これってそんなに流しているのかなぁ、ってふと思えるから。
どうでもいいから、番組表の活字毎無視している可能性もあるけど、それだったらしょうがない。

これ、観れる?借りれる?: ★★★★★
借りられないことはないと思うけど。
ただ、他の2作品に水をあけられている感があるので、
置いてないかもしれない。でも、普通あるんじゃないの?って思う。

ディープ・インパクト スペシャル・エディション ディープ・インパクト スペシャル・エディション
ロバート・デュバル (2005/07/22)
ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン
この商品の詳細を見る

この映画をちゃんと観られた(憶えてる)方:
馬のほうが多くて探せない・・・。しょうがなし。
「ザ・映画批評」 原田さんの感想です
(コメントできませんでした。不都合な場合は連絡してください)

今、この映画を思う:
「あんな波きたら、人生諦めるしかないよね」
ブログパーツ
スポンサーサイト
プリシラ again
2007-06-25-Mon   CATEGORY: アゲイン
「プリシラ」を観て・・・。
(1時間48分)
プリシラのパンフ(裏)

観終わり評価増減:0
ぼーっと観てしました。

観て、どうだった?:
そんなはずはないのかもしれないけど、淡々と進んでいる感じで観てた。
終わって、すんごい印象が残るわけじゃないんだけど、退屈ではないし、ちゃんと楽しめた。
コメディ的な雰囲気、役柄から来るイメージより、その裏っ側にある様々な「物悲しさ」を感じてしまう映画なんだな。
こう、そういうイメージ先行から段々等身大の生活に収まってって、その間で色々な今の現実的な問題なんかが表現されてるって感じでしょうか。
最後なんて特にそんな印象が強いかなぁと思う。

でもなーんか、物足りない感じはするかなぁ・・・。
だけどそうは書いても、やっぱり嫌いじゃないんだよね、俺。

最後といえば、エンドロールで立ち上って出てく人達は、
やっぱり映画は最後まで座ってみたほうがいいと思うぞ。
あ、最後にもう一度パンフを読むつもりが忘れて寝たので、後で書き足します

10年後、もう1回観たい?: ★★☆☆☆
ご縁があれば、程度かもなぁ・・・。
10年後、もう一度みても懐かしさ以外はあまり出てこないような気がする。
劇場で観た時と、漠然とした印象が同じ今、多分、10年後も同じなんだろうな、って思う。

そして、この映画を思う:
「前と印象が同じ。それはそれで残念」

メインページを観る:
☆☆ パンフページへクリック ☆☆

ブログパーツ
No.43 俺たちは天使だ
2007-06-22-Fri   CATEGORY: パンフ(コメディー)
「俺達は天使だ」
1995年(フランス)
俺達は天使だのパンフ

一行あらすじ:
悪人と善人にそれぞれ性質の違う天使が憑くコメディー

パンフ見て思ったこと:
これがパンフか?と、観たっけ?という2つ。
またか~、と思いつつ、夜は更けていく。
そしてみんなオトナになる・・・もう十分すぎるくらい。

憶えている?: ☆☆☆☆☆
パンフレット読んだけど、全然憶えてない。
「天使」ものなので、観ないということはないだろう、だから観た、か。
映画を観れば必ずパンフを買う→パンフがあり、天使モノだ→故にこの映画は観た。
この程度でしか、証明できないほど、憶えてない。

面白かった?: ★☆☆☆☆
フランス映画ということで、若干抵抗があるんだけど、面白いかもなぁって。
フランス映画って、ワケわかんないの、たまにあります。だから抵抗があって。
しかしこの場合は「天使>>フランス」だったと思う。天使に国境はないよね。

このパンフレット、どう?: ★★☆☆☆
1枚モノで、書けるだけ書き込んだ感がある。
がんばったんだなぁ編集の人・・・詰め込んであるよって思う。
それなりに書いてあるし、偉そうに言うなら、「頑張ったで賞」だね。
あ、フランスだから「頑張った DE 賞」だね。

もう1回観たい?: ★★★☆☆
それなりに。
出演する、 ジェラール・ドパルデューという人、どっかで観たような・・・
ただ、この名前にはあんまり記憶がなくて・・・。
ま、それよりこの映画に対しても記憶がなくて・・・テヘ

これ、観れる?借りれる?: ☆☆☆☆☆
無理っぽい。と先日書いたがあった。
ということはスカパーでもやるかもしれない、という淡い期待が
出てきた。良かった。待って良かった。ってか待ってもないけど本当は。

俺たちは天使だ 俺たちは天使だ
クリスチャン・クラヴィエ (2005/06/24)
ビクターエンタテインメント
この商品の詳細を見る

この映画をちゃんと観られた(憶えてる)方:
リバイバルもなく、借りることもできないんじゃ、レビューもなかろう・・・
憶えている方の感想をここまで聞きたいと思うことも珍しいねぇ。

今、この映画を思う:
「なぁ、俺の天使(妻)よ、・・・最近会話ないよね」
ブログパーツ
「フック」
1991年(アメリカ)
このパンフ

一行あらすじ:
中年になったピーターパンの活躍

パンフ見て思ったこと:
・・・あれは、夏の暑い日でした。
田舎に帰省中、「折角だから(なにが?)映画を観よう」と気の向くままに映画館へ。
子供が多く、喋る、叫ぶ、走る、空き缶転がす、と私の集中力が試された映画でした。

楽しみな映画、劇場で意気込んで座ったらその後で前に座った人の座高が
異常に高かったけど、もう始まって移動できない、どうすんだ。
俺も背伸びしたら後ろの人に「オホン」って言われたって時くらい
「俺的・ダメ・シチュエィション」

憶えている?: ★★☆☆☆
まあまあ、かな。
細かいのは全く憶えてない。しかしパンフを読めば、あーそうだったかな、とか思う。
多分、空き缶が転がった記憶で連想できるおかげ?だと思う。

面白かった?: ★★☆☆☆
普通、というべきか。残念ながら印象は薄い。ステキなんだが。
ロビン・ウィリアムズが好きなぶん?ま、それもあるかもしれない。
夢のある?お話だったなぁと漠然と思う。好きですよ。

このパンフレット、どう?: ★★☆☆☆
普通。メジャー系パンフだし。
写真を見れば、中年ピーターパンが結構ハマってていいね。ロビン。
グッズも結構あったみたい。今注文したら届くだろうか、いや、届きはしない(反語)
最後のページに「フック、スーパーファミコン版」がとても時代を感じさせる。そんなパンフ。

もう1回観たい?: ★★★☆☆
「観たい」と「機会があれば」の中間くらい。やってれば録画は必ずする。しかし借りないかも。
ロビン・ウイリアムズの出演の映画って、ちょっとファンタジー・SF系も多いと思う。
個人的には、「フック」もいいが、「アンドリューNDR114」も薦めたい
(99年だが劇場で観れなかった)

これ、観れる?借りれる?: ★★★★☆
借りられないわけがなかろう?!フランク。ダレ?俺も知らない。
なんつってもスティーブン監督だしね。名前で書くなよ。
と強気に言うけど、置いてない可能性はないわけじゃないと思う。
地上波でやらないわけがない、映画の一つでしょうね。

フック コレクターズ・エディション フック コレクターズ・エディション
ダスティン・ホフマン (2005/06/22)
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

この商品の詳細を見る

この映画をちゃんと観られた(憶えてる)方:
結構あったにはあったんだけど、最近更新されてない方が多い・・・残念
「ペンギン村則巻せんべいの家」 せんべいさんの感想です
「☆彡映画鑑賞日記☆彡」 miyuさんの感想です

今、この映画を思う:
「僕はここだよぉ、ティンカーベルぅ、こんな生活カモン」
ブログパーツ
No.41 マジック・ランタン・サイクル
2007-06-17-Sun   CATEGORY: パンフ(アート・音楽)
「マジック・ランタン・サイクル」
1995年(欧米)
※公開年。撮影も特定の場所ではない。
マジックランタンサイクルのパンフ

一行あらすじ:
ケネス・アンガー9つの短編集。

パンフ見て思ったこと:
「これはなんだ?」が、正直な意見。
確か、友人Sが観たいということでハシゴ映画の何本目かで出会ったもの。
こんなの観に行った俺、すごいだろう。虚ろな自慢オッケイ。

憶えている?: ☆☆☆☆☆
まったく。
表紙のこの方が男か女かもわからなかった。
パンフを読んでも、わからんちん。

面白かった?: ☆☆☆☆☆
好きな人には好きらしい。
多分、何度観ても理解できないだろうね、俺。
こういうの、かなり悔しいが「わからない派」って言われるほう。
あぁ確かにね、昔からよく言われたよ・・・

「わかる人にはわかるんだよ」(友人)
「あなたにはわからないでしょうけどぉ」(バイトの女の子)
「わからないほうがいいと思うよ」(俺を電話で振った女性)

なんか色々思い出してハラ立ってくるよね。って俺だけしかわかんねぇよ。

このパンフレット、どう?: ★★☆☆☆
この映画の紹介、という意味ではいい意味で普通。
強烈に憶えている人には、そうそう、と思わせ、強烈に忘れている人には
へぇ、そうなんだ・・・(でも思い出せない)、となるだろう。
デザイン、ロゴ、内容はヘンじゃないよ。
ケネス・アンガーの「身上書」は、すみません、なんかイラっときます。

もう1回観たい?: ★★☆☆☆
ある意味観てみたいかもしれない。
2003年にケネス・アンガー来日ということでやったらしい。
YouTubeで「マジック~」の内の1作品だけあるので、今度見ようかと思う。

これ、観れる?借りれる?: ★☆☆☆☆
「マジック・ランタン・サイクル」として観る事はできないだろう。
どこかでDVDが出るとか出ないとか書いてあったけど定かではない。
YouTube等に期待。放送系は無理だと思う。

この映画をちゃんと観られた(憶えてる)方:
今回はやっぱりいません。「感想」は散見するが、ブログがない。
見つけたら教えてください。自薦、他薦どうぞ(偉そう)

今、この映画を思う:
「もういい加減アレなんで、わかんなくていいです」
ブログパーツ
「逃亡者」
1990年(アメリカ)
逃亡者のパンフ

一行あらすじ:
脱獄した犯罪者と弁護士との間の話

パンフ見て思ったこと:
そうそう、実は私はこの映画が初めて1人で観に行った映画なはずなんです。
確か冬(春休み)じゃなかったかなぁ。
正直「この映画が観たい」というより「1人で映画が観たい」というほうが強かった。
背伸びしたかったのでしょうか・・・若造がよぉ

憶えている?: ★★☆☆☆
いや、殆ど覚えてません。
この映画に出演している女性刑事役の凛とした演技だけ、ボワっと憶えてます。
若造には早いテーマだったかもしれません。

面白かった?: ★☆☆☆☆
わかりません。もう20年近いですから・・・認めたくねぇ!!
当時、ミッキー・ロークですら、「誰それ?」という状態でした。
もう、ミッキーと呼ばれるからには童顔なんだ、とかなり浅い想像する程度でしたので。

このパンフレット、どう?: ★★☆☆☆
本当に普通のパンフレット。いいも悪いもなく、特徴もなし。
しかし、紙がしっかりしてるのがいいかな、「匂い」もパンフレットらしいのが残ってます。
一緒に入ってたチラシ「ハリウッドにくちづけ」のメリル・ストリープも若い。

もう1回観たい?: ★★★☆☆
観たいかも。当時じゃわからなかったと思うし。今見れば、絶対違う感想が出てくるはずだ。
ま、その結果、アレならしょうがないよ。うん。
もしかしたら、「猫パンチ」が観れるかも・・・いや、ない、ない。

これ、観れる?借りれる?: ★★★☆☆
当然「逃亡者」といえば、無実で逃げるほうを思い出しますよね。
なので、探してみれば当たり前のようにハリソンだらけです。
しかしあった!!DVD。驚いた。しかもカッコイイぞ。パッケージ。

逃亡者 逃亡者
ミッキー・ローク (2003/12/21)
ジェネオン エンタテインメント
この商品の詳細を見る

この映画をちゃんと観られた(憶えてる)方:
やはりありません。その1つが以前紹介させて方、こりゃすごいです。
「羅夢の映画放浪記」 ラムさんの感想です

今、この映画を思う:
「ホントにねぇ、逃げられるモンなら・・・ねぇ」
ブログパーツ
No.39 ラン・ローラ・ラン
2007-06-13-Wed   CATEGORY: パンフ(恋愛)
「ラン・ローラ・ラン」
1998年(ドイツ)
ラン・ローラ・ランのパンフ

一行あらすじ:
恋人の危機を助けるためにとにかく走る話
この「走る」はこの映画のメインですから。

パンフ見て思ったこと:
あれ、こんなパンフだったっけ?って思った。
そして、こんなに後(98年)だっけ?って。
これは友人と行きましたね。
この映画館に行く前は、野郎2人でミスドに寄るのが決まりでした。

ちなみにフレンチクルーラー、エンゼルフレンチ、ホームカット、ミルク。
今も変わらない、マイスタンダード。聞いてない?・・・あ、そう。
さらに余談ですが、1人で買いに行ったとき、パパッと頼んだら店員さんに笑われました。
なにかい?男は「あの~、オ、オールドファッション?、それと・・・」とか言うとでも?!・・・ケッ。

憶えている?: ★★☆☆☆
最後以外、覚えている変な状態。
確かアニメーションと混ぜて作ってあって、アニメ側がちょっと受け入れにくい感じでした。

面白かった?: ★★★☆☆
面白そうなんだよね。
パッと出てくる印象は「あんなに走れない」と「どうしてあんな男と?」。
でもま、逆だったら走って欲しいと思う、身勝手な俺。

このパンフレット、どう?: ★★★☆☆
非常に珍しいのが、ポスターの付録が付いている。
そしてシネマライズのパンフで見かけるイメージ料理・・・にんじん・・・直接すぎねぇ?
じゃ、「フィフス・エレメント」も同じかい?

もう1回観たい?: ★★★★☆
観たい。先月くらいに録画予約してあったんだけど、失敗。
チョンマゲ(時代劇)が録画されてた。ローラって日本人だったんだ、とは思えなかったヨ
・・・またやると思うので、気長に待つことにする。

これ、観れる?借りれる?: ★★★★☆
十分可能だと思います。話題性というか、外せないんじゃない?このテの映画は。
置いてないと「なんだよ、置いてないのかよ」と思わせる微妙な基準になる一本だと思うから。
しかしパッケージとパンフのイメージが合わない。こんな爽やかさんじゃないと思うけど。
と思ったら前売り券も似た感じ。あ、そうなんだ、って思った。

ラン・ローラ・ラン ラン・ローラ・ラン
フランカ・ポテンテ (2003/08/20)
ポニーキャニオン
この商品の詳細を見る

この映画をちゃんと観られた(憶えてる)方:
さすが・・・というかやっぱり、というか。沢山あって楽しめました。
「YUUの見聞録」 Yuuさんの感想です
「映画のお友達」 チェズさんの感想です
「記憶のキロク」 ユウさんの感想です

今、この映画を思う:
「ラン・俺・ラン・・・違和感が走る」
ブログパーツ
No.38 スピード
2007-06-11-Mon   CATEGORY: パンフ(アクション)
「スピード」
1994年(アメリカ)
スピードのパンフ

一行あらすじ:
若手SWAT隊員が爆弾魔を追う

パンフ見て思ったこと:
あ、キアヌだよ、キアヌ。そしてこの髪型がなんだか似合わない。
「リトル・ブッダ」のキアヌに感嘆し、観に行ったはず。落胆したのかさえ、覚えてないが。
でもどうして落胆なんだい、俺?・・・それは大体、わかるだろうに?

憶えている?: ★☆☆☆☆
これが面白いほど覚えてない。本作地上波ですでに何度もやっているんですが
「昔観たから、別にいいよ」って思って観なかった。
そして忘れていった。

面白かった?: ★☆☆☆☆
ハッキリ言って、「バス」しか出てこない。
そもそもそのバスもなんで飛ぶんだったか・・・いや、パンフ読めばわかるけどさ。
これって暴走バス?セガールはどこ?

このパンフレット、どう?: ★☆☆☆☆
極めて普通のパンフ。
ここの内容を読んでいくと、
”「ダイハード」「リーサルウェポン」と同じノンストップアクション”
なんて書いてある。
個人的には「同じ」の次に「。(読点)」を入れたいが許してもらえるだろうか。
しかし、このコラムは遠まわしに「。」を入れたい意思を読めそうなのは気のせいだろうか。

もう1回観たい?: ★☆☆☆☆
微妙。というかテレビでさえ、観なかったんだから、観るだろうか。
パンフを紹介した手前、観るだろう、ま、そのくらいだろうネ。
観ればそれなりに楽しませてもらえそうだけど・・・

これ、観れる?借りれる?: ★★★★★
借りられないわけが、ない、と思ってる。
これが借りられないトコロは、きっと「ダイハード」も「リーサルウェポン」もダメでしょうな。ヘッ。
で、そんなトコロ、あるかね?!

スピード スピード
キアヌ・リーブス (2007/01/26)
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
この商品の詳細を見る

この映画をちゃんと観られた(憶えてる)方:
意外と少ないブログを読めば・・・反対意見多し。すみません。今度やったら、俺も観ます。
「まったりBlu-ray批評」 だいちさんの感想です
「むびチョビ!」 柴雑種&はぐさんの感想です

今、この映画を思う:
「忘却のスピード、止まらない老化、飛ぶ記憶。」
ブログパーツ
No.37 マーズ・アタック!
2007-06-10-Sun   CATEGORY: パンフ(コメディー)
「マーズ・アタック!」
1996年(アメリカ)
マーズアタックのパンフ

一行あらすじ:
火星人が地球を侵略する。

パンフ見て思ったこと:
あー、確かに観に行ったよ・・・誰と行ったかはもう定かではないが
「ゴメンなぁ・・・」って観てる最中に思った気がする。

憶えている?:★★☆☆☆
なんとなく、ね。
火星人が後半アレであぁなるんだけど(たしか)
その時の「あの」シーンをぼんやり覚えてる気がする。
ま、これだけ指示語が多ければ実際違っても、
「そうそう、そういう終わりだったよね」って合わせる事できるしね。

面白かった?:★☆☆☆☆
・・・う~~~ん
この映画、マイケル・J・フォックスが出ているんです。
「ファミリータイズ」からそりゃもう好きでね。映画もジャンル問わず観たものです。
あ、そして答えになってない・・・ま、そういう映画かな。

このパンフレット、どう?:★★★☆☆
パンフレットは好きなほう。脳ミソのシワがしっかり凹凸あるんですよ。コレ。
つまり、このパンフは俺より頭がいいかもしれない。
マイケルだけじゃないんだよね。もっといろんな人が出演されているんですよ。
そしてティムバートンのスケッチ画が、意外といい。

もう1回観たい?:★☆☆☆☆
どっちでもいいかなぁ。少し乱暴な発言だろうか。
いや正直、放送予定があれば撮るだろう。しかし、真っ先にみるかなぁ・・・
絶対観ない、ということはない。

これ、観れる?借りれる?:★★★★★
ほぼ、大丈夫だろう。監督がティム・バートンで、コメディで、層々たる出演者。
地上波でもガツガツやるだろうし、2年待ってりゃ1回はやるとみた。

マーズ・アタック! マーズ・アタック!
ジャック・ニコルソン (2007/03/09)
ワーナー・ホーム・ビデオ

この商品の詳細を見る

この映画をちゃんと観られた(憶えてる)方:
人のを色々読んで、「あ、これがB級か」って思いました。
「桜さんの映画鑑賞日記」 eigahujinさんの感想です

今、この映画を思う:
「どうしても、ゼイリブとカブる。俺だけだろうか。」
ブログパーツ
やっと・・・
2007-06-10-Sun   CATEGORY: 雑記
やっと続けられそうな状態になってきました。
しかし頑張っていたのは半年前・・・。

更新ペースは低いでしょうが、やってみます。
ま、自分の90年代が変わるわけではないので
ボチボチとね。

<< 2007/06 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

人生にも非常口があればいいのにネ。ないから、この画像は飾りです。テンプレートは劇場の暗闇を再現。でも実際こんなに明るかったらブーイングだろう。
余白Copyright © 2005 ムゥビィパンフ 90's !!. all rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。